ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 仕事の事 > 乗りたくもない電車に乗り、やりたくもない仕事をする。それはおかしいのか?

    乗りたくもない電車に乗り、やりたくもない仕事をする。それはおかしいのか?


    私の家から職場まではドアツードアで約1時間。

    朝は当たり前のように満員電車で通勤しています。

    まぁ東京で働いていた時に比べりゃ全然マシだけどね。

    東京で勤務していた時の通勤時間は約20分。

    しかし殺人的ラッシュだったもんね、東西線。

    手すりに押し付けられて携帯壊れた時にはビビりましたわ。

    それでも、今でも大概混む。
    電車遅れたりしたら以前の東西線と変わらんような場面にも遭遇する。

    で、行き着く先は行きたくもない職場やもんなー。

    行きたくないとこに努力して行くってのもおかしな話やね。

    そうは思うけど、こういう生き方をなんか偉そーに否定する奴の方がもっと気に食わんけどね。

    『家畜化されてるんですよ』とか『農耕民族の名残ですよ』みたいにさ。

    いやいや。

    お前ら、金持ってるからそう言えるけど、こっちには選択肢ないからね!

    能力もない、金もない、ましてや持って生まれた環境もないって人間が必死に行きて行くのをしたり顔で否定するの、おもろいか?ってね。

    確かに文明の進歩で人はより自由じゃなくなったのは間違いじゃないと思う。

    しかしそれは人が増えすぎたからであって、誰もが自由に行きたとしたら生き残れる奴は限られるんやから。

    じゃ、本能的に生き残れない奴は集団の中に埋没する方法をとってしかるべきやん。

    私はこのブログでも楽して一攫千金的な詐欺や考え方に対しては文句言うてきた。

    だってさ、もしそれが本当やとしようよ。それには必要な条件ってあるやん。

    さらに言うとホリエモンとか見たいな突出した人間が言う自由な生き方が成り立つのには何が必要なのよ?

    大多数の凡人の努力やん。
    それがないと金は産まれないんやから。

    そしてそれはその人たちの金にはなってない。

    満員電車に載りゃ10000円!みたいなシステムじゃないし。

    それどころかしゃかりきに働き、サービス残業を繰り返しても借金まみれのやつもおる。

    でもそんな人たちの生んだ付加価値がなければ金持ちは成り立たんのよ。

    それを言うに事欠いて、『貴方達は不自由な生活を選んでますね?なぜもっと自由に生きようとしないんですか?』とか抜かすんよね。

    死ねよ!ボケ!

    お前らみたいなんが世界の半数を占めたら人類の終焉が見えるわ。

    Facebookなんかによく出てくる詐欺広告とかに心揺れてる人とか特によー考えて欲しい。

    その金は、どこからでんねん?って事をね。

    誰かが生産性のある仕事をしない限り、付加価値=金は産まれない。

    這いつくばって働くのを嘆いてはいけない。

    それが全てを支えるんやからね。

    『カリスマトレーダー』とかが偉いわけじゃない。
    そういうクソどもを食わせるだけの付加価値を産んでるのは私たち凡人やからな。

    だから腐らずに明日も満員電車に乗り、頭を下げて働くんよ。

    酔っ払った自分に言い聞かせる記事やなw

    まぁ~仕事しんどいわ。

    ほんま、殴って終わりなら殴りたいw

    そんな日もあるね~。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓





    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん