ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > ギャンブルの連続性

    ギャンブルの連続性

    20170530212507e0a.png
    この間、コメントに返信していて思い出した。

    と言うか改めて感じた。

    今までも何回か書いてきているが『ギャンブルの連続性』について。

    どうもこれをわきまえず、わざわざ負けに行く人が多い。
    と言うか私もそうだったから破産するまでギャンブルをしたわけですが。

    どう言う意味かと言うと、

    病的ギャンブラーは、負けて賭けれなくなるまで賭ける!

    ってこと。

    これは絶対に『勝ち』のない勝負。
    だって負けるまでやるわけやからね。

    短期的に勝っても(勝ったように見えてても)、最後には絶対負ける。

    例えば、3万円の返済が必要で手元に1万円しかないとしましょう。

    こう言う時、ギャンブラーならばその1万円を3万円に増やすべく勝負する。

    勝てばOK、負ければ仕方ない。
    他の金策を考えるでしょう。

    しかし病的ギャンブラーの場合はそう単純じゃない。

    1万円を3万円に増やそうとギャンブルに打って出るまでは同じ。

    そして負けた場合も同じ。

    違うのは3万まで増えた時点では満足しないこと。

    なぜか?

    3万円で辞めたら支払っちゃうと次賭けれないから。

    なので、3万円まで勝った時点で調子に乗ってさらに勝ちを目指す。

    これが体良く4万、5万と勝てばようやくかりそめの勝利となる。
    そうならなければ、一旦は返済に間に合う金額まで勝っていたのにみすみす全額を失う。

    この時点で前述の普通のギャンブラーよりも圧倒的に勝率が悪くなる。
    だって勝ちのハードルが上がってるわけやからね。

    さらにもっと病的になると3万を超えた額の勝ちでも満足しなくなる。
    勝ってるうちにもっと勝ちたい欲求にとらわれ、増えた額でさらなる大勝負に出る。

    1円パチンコで増えたなら4円に行き、4円で増えたなら競馬や競輪、はたまたFXや株などの天井なしのギャンブルへ賭ける。

    ここでもまた4万、5万が体良く20万ほどにまで増えればよいでしょう。

    が、負ければ3万で止まらず全額負けるまでやる。

    もうこの時点で限りなく勝利の確率は低くなっています。

    が、20万勝ってもまだ続く。
    まぁ流石にこの時点で3万は返すかもしれませんが、残りの金額はさらなる儲けを狙って賭ける。

    以下繰り返しですわ。

    とにかく負けてなくなるまでは辞めない。

    つまりは最後は負け以外にない。

    もしくは勝ち続けて死ぬか。
    まぁそれはほとんど無理。
    勝率が8割程度くらいまでのギャンブルであればね。

    結局、賭け続ける人間の場合は一時の勝ちがなんぼでも関係ないんですわ。

    思考が普通の人と違うから。

    勝ちの最大値が自分の金の感覚になるから、前述の例で行けば20万勝った後に2万凹んだら『2万負けてる』になるんよ。

    じゃ勝ちたいもんやからどんどん賭ける。

    でも実は2万凹んでもほんまは17万勝ってるんよね。

    もう元の金の価値がわからんようになってるんですわ。

    結局、資金管理ができないって事なんかもね。

    とにかく負けるまで賭け続けるんやから。

    賭け続ける人間ってのは勝ちを確定しないって事やからね。
    3万勝った時点で3万使ってしまえば勝利は確定するのにそれをしない。

    絶対に手元に種銭を残そうとする。

    多分、そう言う類の人間はギャンブルやったらあかんのやと思いますわ。
    よほど才能がない限りは。

    勝った金は使い切って、また種銭はギャンブルじゃなく確実な労働なり投資なりで用意するって人が勝ち組なんやろうな。

    そうすりゃ元手以上に負けることはないし、勝った時には勝ったと言う結果が確定できるもんね。

    結局は運や(ギャンブルに対する)知識、勉強が勝負分けるんと違うわな。
    人間の性質、考え方が勝負を分けるんやわ。

    やっぱそう考えりゃ私はギャンブルに向いている方の人間ちゃうな。
    自分の欲望、コントロールできへんからねw

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓









    コメントの投稿

    Secret

    シンさん
    いつもありがとうございます

    今日の記事
    深く同意します

    コントロール不能 = 依存性 なので
    私はもう怖くて
    最初の一回に手を出せないんです

    ギャンブル依存性者の往生際の悪さ
    凄いですよ

    悪知恵 悪あがき 嘘 どんな事をしてでも
    綺麗 汚い 関係無しに
    軍資金を手に入れますから

    元号 が
    昭和から平成に変わった頃ですけど
    昔 ポーカーゲーム屋で働いていました

    結局 みんな負けるのですが
    一人だけ勝ち組がいました

    クラブのお姉ちゃんのパパで‥
    アフターで
    ポーカーに狂ったお姉ちゃんに
    連れられて週2ペースで来てたけど

    4カード ストフラ 出たら即アウトして

    帰ろう帰ろうと太もも触りまくりの
    鼻の下を伸ばした エロ社長
    その人くらいです

    今は 賭けない1日を積み重ねていますが

    命の次に大切なお金を
    オモチャにして遊ぶのだから
    やっぱり面白いですよ






    No title

    ギャンブルと言えばパチンコパチスロくらいしか知らないのですが。

    大半の人はギャンブルで負け越してるんじゃないんですかね、習慣的に打っている人は尚更。というか、オレはそう思うようにしましたね。

    でもごく稀(だと思う)にいるんですよねー、収支勝ち越しの人。身近な知人にもいます、パチンコ(スロじゃなくンコのほう)で年間収支プラスの人。それも分かってるんです。

    でも必敗の我々が下手なんじゃなくて、収支プラスの人が希少で特殊なんじゃないんですかね。これは負け惜しみじゃなく正しい現状分析だとオレは思ってます。
    だって特にパチンコなんて毎回抽選で釘の分だけしか出ないんだもん、中学で習う確率の問題ですよ。確変なんてギミックあるから一台毎ではブレるだろうけど、多分ホール全体で見たら1日単位で確率は収束してると思いますよ。
    そんな中で収支上げられる人は超人的に引き際が上手い人かガチで釘が読める人のどちらかでしょうね(知人は後者)。で、自分にはそれは出来なかったんだという所から始めましたね。


    いち体験談として。長文失礼。

    シンさん
    いつもありがとうございます

    当時
    働いていた ポーカー屋
    パクられ要員の雇われ店長はいましたけど

    経営者は 在日韓国人のヤクザでした

    その時
    人から後ろ指 さされても 金が欲しけりゃ

    金貸し か 女郎屋のオヤジ
    それとも 博打場のオヤジ が良い
    そんなことを聴いたの覚えています

    私は
    金貸し と 博打場
    どちらも 鴨ネギ で 良いお客でしたね

    Re: No title

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    いや私もそう思いますよ。
    実際に勝ち続けてる人間はいるにはいる。
    ナオさんなんかもそうやもんね。

    でもそれが特殊であって、方法論や努力でどうにかなるもんでもないですわ。
    そこに普遍性を見出そうとするから話がおかしくなるだけでね。

    だって基本、胴元が必ず勝つ状態じゃないとギャンブルは成立せんのやから。
    一対一の金のやり取りならともかくね。

    Re:

    世間知らずさん、コメントありがとうございます。
    ギャンブル依存者で現在進行形の人は必敗のギャンブルをしてるって気付いてないからこそギャンブル依存なんやろうけどね。

    みんな『勝ったり負けたり』て言うけど、勝った金で次に賭けて最後には全部負けるんやから、ある程度のスパンで考えりゃ『負けたり負けたり』やのにね。

    なかなか気付くことが難しいんやろね。

    負けることもザラ。

    そんなん(笑)負けることもあるよ、当然。
    負けることはオリコミ済みやで。
    (負け続けることはないけど)

    だけど、
    『負けるまでやる』っていう感性はないなぁ、私には。
    正直、確立150以下の台が出てなかったらとうの昔
    にヤメてたと思うわ、パチンコは。
    20年前のアレパチにすら魅力を感じんかったし。

    それに、めちゃ失礼な言い方やけど
    『その台で昨日6万ヤラれたわ』とか平気で言いながら
    何の迷いもなくサンドに札放り込むオバチャン客の多い
    ホールでしかもう勝たれへんのも実感してるし。

    ほんまは、北斗とか慶次のミドル打ちたいわ~
    打っても勝たれへんから打たんけど(笑)。

    風邪、ど?

    Re: 負けることもザラ。

    ナオさん、コメントありがとうございます。
    まぁ本人は『負けるまでやる』って感覚は無いんですけどね。
    あくまで『勝った→もっと勝ちたい→勝った→もっと勝ちたい→負けた→勝ってたとこまで戻したい→負けた→全部なくなった』って感じのルーティンを辿ってのことやから。

    でも『』内をまとめたら『絶対負ける』になるんよね。
    結局、資金管理ですわ。

    ナオさんみたいにトータルで勝ってるて人は負ける日でも前日の勝ち分+種銭を全て失うまで追っかけないでしょ?
    どこまでの負けで引くかをわきまえてる。

    でも大半の人はそうじゃ無いからね。
    じゃないとパチンコ屋儲からんし、そうなると勝たせることも無くなるし。

    風邪、治らん。
    会社休みましたわ。

    No title

    ナオさんブログ、読みました(全部じゃないけど)。
    正に前コメで書いた「超人的に引き際が上手い人」そのものでした。感服。
    きっとパチンコ以外でも、きちんとマイルール作れてそれを守れる方なんでしょうね。その辺あやふやなオレは大切なお金オモチャにして遊んじゃダメな人間なんだなあと再認識しましたよ。

    『』内をまとめたら〜で大爆笑。ホントそれ。今日一番笑いました。腹イタイw


    笑ってる場合じゃないんですけどね。

    Re: No title

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    それプラス引きも強いと思いますわ。
    なんぼハマリ台でも確率自体は同じわけやからね。
    私、そんな早々には当たらんもん。

    勝負のスパンをどこまでと考えるかで勝ってるか負けてるかは変わりますからね。
    1番ミクロのところをみりゃ当然勝ち負けあるけど、少しスパンを広げたら全敗してるなんて事例は多いと思いますよ。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん