ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > しかし何がしたいんだ、あいつは…。

    しかし何がしたいんだ、あいつは…。


    北朝鮮がグアムに向けてミサイルを撃つの撃たないのと問題となっている。

    その影響なんかどうかは知らんが為替相場も結構な勢いで円高になったりして、意外に影響はいろんなとこに広がってるようにも感じる。

    てか、ニュースによると関係国(日米韓中露あたりか)で悠長に構えてるのは日本くらいで、他国は結構な切迫感があるとも言われてる。

    ま、ロシアはそんなでもないか。
    所詮、極東は辺境やしね、ロシアにとっては。

    そんな中、北朝鮮の動きに対して日本に配備されているミサイル迎撃システムPAC3が中四国に配備されたとニュースになっている。

    これ、あんまりテレビなんかでも深くは触れてないけど結構な問題じゃない?

    だってこれ、北朝鮮が『グアム近海に撃つ事を検討している。その際は日本の島根、広島、高知の上を飛ぶよ。』って発表した事に対しての動きでしょ?

    それ

    引っ掛けやったらどうすんの?

    まぁPAC3の配備場所や配備数ってのは本来機密であるべきだとは思いますが、日本の場合はほぼ公にされてる。

    これは自衛隊の在り方が未だに定まってない(国内法的に軍として認めていない)事や中国等への配慮もあっての事やと思いますが、あまり良いことではない。

    なぜなら『どこが守れてどこが守れないか?』という事を公言するようなもんですからね。

    さらに今回に至っては報道で『中部や関西に配備されていたPAC3が中四国へ移動した』とまで伝えられている。

    逆説的に考えりゃ『移動しないと守れないよ』という事を露呈し、『中部や関西は手薄になるよ』という事を教えてるようなもん。

    じゃ逆をついて大阪でも狙われたらどうなんの?ってこと。

    まぁ今回は状況的にありえないと考えられるからこその動きではあるんやろうけどね。

    それでも少なくとも『通常時の配備体制では四国は守れない』って配備数に起因する弱点と『ある程度のブラフに対してでも対応せざるをえない』って自衛隊の置かれた状況に起因する弱点の2つは今回の動きで北朝鮮には伝わったんとちゃうかな~って思うんですよね。

    顔見ながら拳振り上げるそぶり見せたら慌てて顔を隠すやついてますやん。
    本気でどつく気の時は顔見て拳振り上げて腹殴ったる、みたいな。

    それと似たような感じ。

    でもまぁ対処せんわけにもいかんしね。

    こうなるとPAC3の配備数の問題になってくると思うんですよね。

    今回の事はほんまは日本人が教訓にしないといけないんですわ。

    通常配備の状態で日本のほぼ全土を守れる体制、配備数じゃないとミサイル迎撃システムなんてのは意味をなさないってのが明らかになったわけやから。

    本気で撃ってくるときは今回みたいに予告はないし、予告があったとしてもそれがブラフなのか本当なのかがわからない。

    じゃ取れる手段としてはイージス艦のSM3での迎撃とPAC3での迎撃を組み合わせて出来るだけ空白の少ないミサイル防衛をするしかないし、それでカバーできないとこに撃たれたら『ゴメンね』って言うしかない。

    そんなん当たり前やろって言われるとは思いますが、そう言える奴ってのは守られてる地域に住んでるか、危機意識のない奴だけやと思うんよね。

    国民の命が平等であるとあくまで建前論で言うのならば島根に住む農家の田中さん(仮名)と首相公邸に住む安倍さんとの命は等しいわけで、東京は手厚く防衛されるけど島根は撃たれ放題ってのはおかしいって話になるやん。

    それならば多少、国民の負担は増えても離島除く全域をほぼカバーできるくらいの配備数は欲しいところとちゃうかな~。

    PAC3は射程が短いからこれだけで全国守るとなるとアホみたいな数が必要になるので無理やけど、せめて今回みたいにわざわざ移動せんでもええくらいにはな~。

    まぁミサイル撃つにも費用対効果があるわけやから、空白域がある程度あったとしても問題ないって意見も当然あるとは思うけど、今回PAC3の配備数やイージス艦の配備数の議論にテレビなんかではあんまりにもなら無さすぎのような気がしてさ。

    敵基地攻撃能力の議論にはそれなりになってるけど、撃たれる前に叩くってのが現行憲法では難しい現状やし、もしそれが容認されても相手がICBMって長槍を手にした以上、先に短剣で刺し殺すってのも難しいわけやから。

    あんな芝居染みた放送1つでえっちらおっちらパトリオットが移動してる姿を見て危機感感じないってのはおかしいと思うんよね。

    自衛隊の防衛能力の強化=軍拡って単純な構図でしか物考えない連中が終戦記念日の前後にその事を真剣に考える内容を放映するとは思えんけどね。

    しかし、かりあげくんに思う事はタイトルの言葉に尽きますわ。

    まぁ私ごときが『彼が何をしたいのか?』がわかるようならとっくに問題解決してるやろうけどね。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓







    コメントの投稿

    Secret

    自己中心的で傲慢高圧的な政治

    自己中心的で傲慢高圧的な政治という意味ではドナルドランプも金正恩も似ているけれど、無意味な高慢なプライドで戦争を起こすことだけはやめてほしいです。

    グアムに住んでいる罪のない住民に対する迷惑を考えたことはないのでしょうか。

    Re: 自己中心的で傲慢高圧的な政治

    香奈子傲慢政治反対主義者さん、コメントありがとうございます。
    確かに似てる。
    世界一の大国であるアメリカの元首と極東の一小国である北朝鮮の元首が同レベルで言い争うってのはかってない展開やと思いますわ。

    記事でも皮肉で書いたけど、実は命の重さは平等じゃ無いからね。
    トランプは政治家ではなくビジネスマンなのでその辺り、正直に言動に出てしまうんやと思います。

    しかしああ言う言い争いって個人レベルで考えるとどっちかが仕方なく殴るか、誰かが仲裁に入らん限りは終わらんもんね。
    どの辺を落とし所にするか、意外に難しい状況のような気がしますわ。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん