ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 自己破産についてなど > 生命保険と自己破産

    生命保険と自己破産


    大丈夫です!
    だって選んでないから!


    昨日、慰謝料仲間(あっちは養育費か)の村人Aさんの記事を見てふと思った。
    (村人Aさんの記事はこちら

    葬式代の為に生命保険入り直そうかな?

    と。
    まぁ今死んでも養育すべき子供はいないし、嫁さんも自力で食えるから最低限でいいんやろうけど。

    ところでなぜ生命保険に入っていないのか?

    それはもちろん

    自己破産したから

    です。

    破産は単純に借金を踏み倒す(免責してもらう)面ばかり目がいきますが、当然のごとくそれだけではありません。

    その時点で持っている資産は全て処分して債務の弁済に充てねばなりません。
    ただしその時点で資産価値20万円以下のものは処分の対象から外れます。

    逆に言うと20万円以上の価値があるものは全て失います。
    それは保険も同様なのです。

    保険にはたいてい『解約返戻金』があります。
    100%掛け捨ての保険は別ですが。

    この解約返戻金、資産とみなされるのです。

    その時点で請求すれば20万円を超えるならばその資産は没シュート

    例えばララちゃんとこの車は査定70万円。
    当然、今破産しても没シュート。


    ちなみに車の場合は破産する際、その車の価値を査定してもらった書類がいります。
    たとえ査定0円でも。
    まぁガ◯バーとかいって安めに書いてくれて言うたら書いてくれんこともないけどね。
    私の場合は8◯10に行って『査定しにくいなら0て書いてくれや。どーせ売らんから』て丁寧にお願いしました。

    ともかく保険の場合は解約返戻金の計算書があるからそれに基づいて計算した結果、20万を超える解約返戻金がある場合は解約しなければなりません。

    そしてその金を債権者への弁済に充てるわけですが、ここで朗報です。

    弁護士への支払には例外的に充ててもいい

    のです。
    例えば弁護士費用が45万、返戻金が40万ならこの40万は弁護士報酬として支払ってもOKなんです。

    私の場合はまさに上記に近い条件でしたので、弁護士費用の負担はほぼありませんでした。
    具体的には返戻金45万、弁護士報酬47万やったから2万だけ払った。

    弁護士費用が心配で債務整理へ二の足を踏んでいる方!
    保険に入っていれば、1度保険の契約書を見直してください。
    なんとかなるかもしれませんよ。

    逆に病気がちで保険を手放せない方!
    どちらが助けになるかよく考えないと、新たに保険に入れない、しかし大病をしてしまった、なんて事になると多重債務より命の危険にさらされます。
    その旨をよく専門家に相談して決断してください。

    しかし私もそろそろ共済くらい入らんとなーw

    ランキング参加しています↓
    これも将来の自分を食いつぶした一例ですけどね!
    若い時に契約した健康保険・生命保険は財産やからね!
    まぁ仕方ないですわ、自業自得やし!

    更新の励みになります!
    下のバナーをポチッと押して応援、よろしくお願いします!

    にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
    にほんブログ村

    債務・借金 ブログランキングへ

    コメントの投稿

    Secret

    No title

    こんばんは!私はかんぽさんに入ってますけど「県民共済」2000円くらいでいいよねぇ~と思ってます!保険は良くわかりません(´・ω・`)

    Re: No title

    まっちゃんさん、コメントありがとうございます。
    今みたいに残す家族もいないなら共済で充分よ。
    でもこの先、結婚して子供ももうける気があるなら若く健康なうちにある程度資産になる保険に入っとくのも手やと思うわー。

    人生設計をキチンとして選べば保険で失敗しにくいと思うよー

    色々と勉強になりました!
    自己破産するのも、大変ですね!
    さすがに保険アドバイザーさんにこの話をしたら、困るだろうなぁ!

    Re:

    村人Aさん、コメントありがとうございます。
    逆に自己アフィリ目的で保険相談受けるとき、しつこくて面倒臭けりゃそう言うたら良いですやん。
    『俺、借金あって将来破産もありえるんやけど、その場合ってどうなんの?』って。
    8割がた、次電話かかってきませんわーw

    なるほど!
    発想の転換は、流石にシン先生です。
    一応は、何もない状況で保険診断!
    断り方をググッて、なんて邪道でした。
    目的と、結果に結びつくための現状を提示するのが常道ですね。
    自分にとってもプラスになること、あるかもしれませんでした!
    住んでる所、田舎なので半分以上が断りですが、次はそれも相談してみます!

    こんばんはー

    丁寧にって・・・ww
    シンさんが凄んだらほんまにゼロって書いてくれそうw

    ま、それはさておき生命保険も没シュートなんですねー
    生命保険も資産の一部とみなされるのね。
    金融商品だもんね。当然といえば当然ですが容赦ないですな。

    それ以上に驚きなのが弁護士費用。
    そんな例外があったなんて知りませんでした。
    道理でCMでじゃんじゃん「債務整理は弁護士に」ってやるわけやね!
    美味しすぎるわ!!(不謹慎な例えですが)

    Re:

    村人Aさん、コメントありがとうございます。
    保険の相談員なんて所詮は他人やし、それでいてプロですからね。
    聞ける事は出来るだけ聞いとくに越した事はないですよ。

    後でなんか言われてても関係ないんやし。

    Re: こんばんはー

    ヒメジョオンさん、コメントありがとうございます。
    保険の解約→返戻金で弁済は知ってる人多いですが、それを弁護士費用に充てていいってのは知らん人がほとんどですわー。
    でも破産や個人再生にかかる弁護士費用って結構な額やし、それを払えるなら破産なんかするかよ!って人多いと思うんです。

    でも実はそういう例外あるんですよーって知ったら踏み切れる人もいてるかもしれませんからね。

    弁護士はその辺はあんまり大々的に言わんのです。
    もちろん、法的・道義的問題があるんでしょうが、それを言うことで弁護士が批判の矢面に立たされるのを避けているという側面もあると思います。

    No title

    保険は、面談して結構詳しくなったですよ(´▽`)ノ
    医療保険は入っとかんと宮迫が言うように
    もし、がんになったときはおきゃねが大変です・・・。
    葬儀代も必要ですけど、その前に病気が怖いですね(||゜Д゜)ヒィィィ!
    ということでその面談で保険を掛け替えました。チャンチャン(;^_^A

    Re: No title

    しゃくさん、コメントありがとうございます。
    まぁ高額医療費還付制度とかいろんなことを勘案して考えないと、保険てのはある意味ギャンブルですからね。

    命を賭けたギャンブル。
    損にならんうちに病気になったり死んだらこっちの勝ち、その逆なら向こうの勝ち。
    保険をそう捉えると保険で損することはないと思いますわ〜
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん