ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 弱者は弱者を叩くのよ

    弱者は弱者を叩くのよ


    弱きものがより弱きものを叩く。

    これは昔からそうやし、ネット社会になってからより加速したように思う。

    私はこの仕組みを批判するつもりはない。

    だって真理やからね。

    人間は常に強者でいたい。

    いや人間に限らず生きとし生けるもの全て。

    相対的強者でいる為には弱者が必要。

    なので誰かから見た弱者はより弱者を叩く。

    しかし腐っても人間。

    これが大きなムーブメントや国際社会を揺るがすような事になればやはり不幸しか呼ばないと思う。

    イギリスの国民投票。

    EU離脱の是非を問うものですが、これはイギリスに限らず世界の縮図のような気がしてね。

    EU離脱派はやっぱり経済的に貧しかったり学歴に乏しかったりって連中に思えるんですよね。

    『俺たちの税金を他の国に使うな!』『俺たちを救う前に他の国の連中を救うな!』って主張やし。

    対して残留派は金持ちだったり能力や容姿に自信のあるものだったりする印象。

    『グローバルな市場から取り残されたくない!』『相対的に自国の価値を下げたくない』って主張。

    私の個人的な考えでいけば、普通に考えれば今のタイミングではこんなに接戦になるはずない。

    だって損やん、離脱したら。

    ホンマに自分らに自信があるなら残る方が得やと思うんよな。

    でも離脱派も半数近くの支持を得てる。

    結局、弱い者はより弱いものを排除したがるんよね。
    移民とかね。

    で、強い者にとっては弱い者の数は多い方がええんやけどらね。
    EU全体の無知な消費者や流れてくる移民や東ヨーロッパの貧しい人々。
    それとイギリスのアホや貧乏人は同列なわけ。

    離脱派はそれは違うと言いたいからこその離脱派なんやけど、同じな訳よ。
    使う者と使われる者っつー分類では。

    それはね、認めないと自分の将来もないと思うんですよね。
    認めて打ち破る、這い上がるしかないわけよ。

    同じ弱者を叩いて満足してりゃ、そっから動けないんやから。
    それこそがホンマの強者の狙いやと思うよ。

    日本でも同じよ。

    ネット民みたいなカスな連中は韓国がー中国がーて言うけど、ある一定の奴らから見ると同じなんよ。
    アホの愚民がせっせと働いてせっせと消費せぇよと。

    わしらのために価値を産めよと。

    そこには区別も差別もないんよね。

    必死で同レベじゃないって主張する奴らこそ同レベに落とす連中やと思うわ。

    逆説的やけど、私は同レベじゃないと思ってる。
    だからこそ韓国でも中国でも好きなこと言うたらええやんと思う。

    普通に日本が武装して(核も含む)、今までみたいに気を使わんで主張すりゃ、今でも大東亜共栄圏は構築可能やと思うよ、日本がリーダーでね。
    まぁ今ならASEANになるんやろうけどさ。

    同じようにイギリスの連中も卑屈になって人を排除するんじゃなくて誇りを持って考えて欲しいんやけどね~。
    EUに不満があるならリーダーたる大英帝国が変えたらええんやん。

    ドイツやフランスに負けてる負け惜しみみたいなこと言わんとさ。

    それには日本も同じやけど、もっと格差をなくして国民一人一人にホンマの誇りや強さを持たせることやと思うんやけどね。

    排他的な勘違いした国粋主義に走る連中はホンマは金持ちに1番利用されてると思うんやけどな。

    不満の向かう先は自分より弱いもんとちゃうよ。

    それを間違えたらあかんと思いますわ。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓




    コメントの投稿

    Secret

    難しい事は分からないけど、アメリカにしてもEUにしても自由の先進国では色々な問題で綻びが出てるのかな?日本はまだ自由の後進国だからこれからの様な、、北朝鮮が崩壊すれば同じくなるきがします。

    逆に共産国も同じく。

    永遠にこういうのは続くのでしょう、、国の皆んなが幸せになる事はないでしょうから、、、

    No title

    シンさん、こんにちわ!

    イギリスのEU離脱の投票ですが、あれはイベントらしいですよ?

    法的に政府や議員を拘束する力は全くないそうです。

    いわば人気投票みたいなものらしいです、もしも離脱派が多くてもキャメロン政権は無視するようですね。

    ただ、離脱派が80%を越えるようだったら政治的にも重みがでるでしょうけど。

    しかし、こんなイベントで殺された女性議員さんは可哀想です。

    犯人は狂信的な離脱派の人物ってねぇ?

    オチョコチョイを誰かそそのかしたかも?

    最近、世界中でやる事が雑で稚拙と感じます。

    Re:

    ヘリオスさん、コメントありがとうございます。
    まぁ社会制度には寿命があるってよく言われますからね。
    資本主義社会の寿命が近づいてるんかもしれませんわ。

    と言ってもそれに変わるような考え方もないわけで、この先どう変わっていくかもわかりませんけどね。

    Re: No title

    FP5さん、コメントありがとうございます。
    なるほどね。
    道理でキャメロン政権に世界中から非難が集まるって事もないんですね。

    普通に考えりゃ世界経済の行く末も左右するようなことを国民投票に委ねるのは無責任だって非難されても良さそうなもんやもんね。

    ただ拘束力のないイベントみたいなもんやとしても、これだけ離脱派が票を集めるってのは影響あると思いますけどね。

    ドイツやフランスでも同様の考え方の人は多いからね。

    ドイツ、フランス、イギリスが抜ければEUなんて存在価値ないからね〜。

    と言うかそのG7メンバー3カ国に他の国がぶら下がってるのがEUやもんね。
    その構図はどうしてもぶら下がられる方の負担もでかい分、不満は出てくるよねー。

    No title

    世の中、理屈通りにはいかんわな、、、

    短期的には、経済的に大きな問題を抱え込んだのは間違いない

    でも、10年くらいのスパンで見るとどうかな?

    それと、経済だけで見るのは間違いやと思う。

    世界標準、単一世界市場、地球規模サプライチェイン、、、

    そんなんでええんかいな、、、?

    世界中が金太郎飴みたいになるのは、どうかな?

    どっちにしても、そんな騒いどらんよ。

    昨日はロシアの女が騒いどったな、原因はわからんけど、、、

    Re: No title

    闇の社長さん、コメントありがとうございます。
    実際、その世界標準と民族主義的な考え方の乖離が招いた結果でしょうね。

    そんなんでええんかいなってのはみんな思ってたって事か。
    やけど歴史上は民族主義とか個別主義の台頭ってのは戦争にことごとく繋がってるからなー。
    ヨーロッパの連中は自己中やもんな、アメリカも含めて。

    社長みたいな経営者はともかく、私らみたいな凡人からすると理解できんとこあるわ。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん