ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > 雑記 > 勝負事はなんでも大好きだ!

    勝負事はなんでも大好きだ!


    明日は参議院選挙。

    私は性質的には根っからのギャンブラー。

    勝つか負けるかの勝負事は何でも大好きなんです。

    したがって選挙も選挙特番も好き。

    そしてそれをより楽しむために投票にも行く。
    ほとんど勝馬投票券のノリではあるけども。

    まぁ貧乏人や借金苦の人間にとっては実は政治って意外と重要。

    『誰だって働けなくなって行政のお世話になる可能性はありますよ』とは言うても金の無い奴の方がそこまでの距離は近いわけやしね。

    とは言え今回は参議院選挙。

    ウチの息子も『結局、参議院ってなんなん?あんまり意味無いんとちゃうん?』って言うてた。
    彼、今回から選挙権あるから投票する気は満々ではあるもののね。

    しかし実は今回の参議院選挙、かなり重要な意味合いがある。

    普段の参議院選挙なんて彼の言う通りそんなに意味無い。

    重要法案は衆議院に再議決権があるので、参議院選挙の結果が国の制度のあり方に直接的に影響を与えることは少ないと言えるからね。

    でも今回は違う。

    選挙結果によっては憲法改正の発議が可能になる可能性がある

    私は今回の選挙のポイントはこの一点にあると思う。

    現在、衆議院では与党が3分の2以上を占めている。
    その為、公明党が改憲論議に慎重であるとは言うものの、憲法改正の発議を行える可能性は持っている。

    しかし参議院では与党135議席で3分の2には届かない。

    憲法改正の発議の場合、衆議院に再議決権(議決ではなくあくまで発議やからね)は無い為、現状では憲法改正の国民投票は行われる可能性は限りなく低い。

    しかし今回の選挙の結果によってはこれが可能になる可能性が出てくるって訳です。

    公明党の場合は組織選挙で議席の増減少ない事を考えると自民党が80前後まで議席を伸ばすと与党が参議院の3分の2を超える。

    まぁそれ以外にも改憲勢力はいるしね。

    しかしこの事に関する野党の演説が酷いんよね。

    憲法を守ろう!憲法を変えようとする勢力に勝たせてはいけない!

    数の力で平和憲法を犯す勢力には負けない!

    って。

    なにいうとんねんって話ですわ。

    だって議席の3分の2ってのはあくまで憲法改正の是非を問う国民投票を行う為に必要な議席数。

    その後の国民投票で2分の1を超える賛成がなければ憲法改正はできない。

    って事は上記のような言い分は最初から国民投票やれば半数を超える人が賛成するって思ってるって事やん。

    別の言い方すれば

    何が何でも国民の半数以上の意見を通させない!

    って演説してるのと同じやと思うんやけどな。
    『安倍政治の暴走を許せば憲法を変えられてしまう!』って言うって事はさ。

    『みんな平和憲法が大好きだ!』って自信があるなら国民投票が行われようがなにしようが関係無いんやから、そんな言い方にはならへんと思うんやけどね。

    その辺のロジックはわかって言うてんのかな?

    って事で私は今回は自民党に張る。

    で、改憲勢力で参議院の3分の2を超えるかどうかってとこを勝敗ラインにして選挙速報で一喜一憂する事にしよう!

    残念なんは勝っても金が入らん事やけどねw
    ブックメーカーででも賭ければ良いんやろうけど、種銭無いしな。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓








    コメントの投稿

    Secret

    No title

    一番ゲッツ

    ぷらら遅いんで、他のプロバイダ探し中。
    どっかいいとこ知りませんか?

    シンさんの論理すごい。その通り。でもその理屈気がつかんかった…
    そうなんよね。国民の過半数は改憲賛成を前提にしてる。

    まあ、争点を作るのが選挙やから、しょうがないかな…
    特に民進等、原発反対、TPP反対、消費税反対、軍備反対でまとまらないでしょう。
    それやったら、2/3阻止は、当たり障りのない、いい争点やし…


    でも、実際は難しそうやけどね…。公明、お維新とのスリ合わせ
    その前に、自民党内部の意見集約…
    国民投票。

    ほぼ不可能に近い(次の参議院選挙の前までに改憲される可能性はほぼゼロでしょう。)

    Re: No title

    ぷららさん、コメントありがとうございます。
    私、家でネット繋げてた時はフレッツ光やったなぁ〜。
    速いんか遅いんかよーわからんかったけど。
    なにしろADSLから比べたら光なら何でも速かったから、当時は。

    私も最初は気づかなかったんですけどね。
    ちょっと考えたら『あれ?』ってなってね。

    議席の3分の2を取られる=憲法改正って主張するって事はそうなるよなーって。

    言う通り、野党もすり合わせが難しいからこそのこの論点、与党も憲法改正に関してはすり合わせは難しいでしょう。

    特に与党内での憲法改正に対する合意は現時点では無理ですね。

    那津男、今日も『9条改正は当面反対』って記事出てたから。

    それでも『改正ができる可能性が高まる事』ってのはとてつもなく大きいと思うんですよね。
    現実的な議論ができますから。

    今までやと憲法改正をする為にはその憲法の96条を無視するしかなかったわけで、結局は実現不可能な事を議論するって事になってたけど、今回の結果次第ではやり方次第で実現できるって事になるわけやからね。

    まぁ勝ち負けラインを決めんと勝負事としては面白く無いからw

    No title

    オレも実は2/3についてはあまり危機感持ってないんですよね。理由はやはり国民投票です。
    ただ、自公と改憲勢力で2/3以上議席獲った時にはものすごい勢いで文民統制始まると思いますけどね。恐らく何でもやると思います。それ考えるとやはり少し怖い。

    公明党のは学会信者に向けてのリップサービスですよ、「当面反対」でしょ?断固反対じゃないもん。いざとなったら簡単に反古にしますよ、安保法制の時のように。

    オレが自民嫌いなの、リンク先のような事を平気で進めるからなんだよなぁ… 背筋も凍る内容ですよ、一読してから投票へ行ってもいいかも。もう遅いかもですが。

    http://toyokeizai.net/articles/-/38399?display=b

    Re: No title

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    労働時間制度に関する不備や被雇用者よりも雇用者よりやなぁって内容は知ってますよ。
    まぁ例によって片一方からの解説って読まないけどね。
    それならペーパーの中身や法案の中身を自分でストレートに読んだ方が予断が入らんからね。

    日本は元々高賃金である事が競争力を弱めてるって考えが根強いので実際のところ為政者や資本家側からすればどうやって単純労働者の賃金を減らそうかって考えるのはある意味自然ですよ。
    腹立つけどね。

    だからあの法案も建前は「高付加価値労働をしている人たちの働き方の多様化」が目的やけど、その先には単純労働者の賃金カット、残業代カットがあっても不思議じゃない。

    それに賛成するか?って言えば反対なんやけど、その辺は議会制民主主義の限界で個々の法案について賛成、反対の意思表明はしにくいんよね。
    そうなると大枠で賛成できるところに投票するって事になるんですわ。

    まぁ国際競争力の強化っつー点についてはもうちょい知恵絞ってくれよ、その為に高い給料貰っとるんやんけとは思うけど。
    企業が負担する社会保障や税金、賃金を削れば国際競争力上がるでしょ?ってのはあまりにも安直すぎるからね。
    だいたい国内購買力が下がれば結果的に国際競争力も下がるような気もするし。

    でも「最低賃金を1500円にしよー」なんてのももっと安直やと思うもんね。
    バイトからなにからそんな賃金にしたら物価、すげー上がるよ?って。
    じゃ今現在時給1500円以上には相当する私らみたいな中間からその下くらいの人らの生活、余計しんどなるで?ってね。
    ボトムアップしたら全体がスライドしてアップするなんて考えはそれこそ安直なんやから。

    となるとまだ前者のほうが気に入らんまでも考えてはいるかなってなんのよね、私。

    まぁ営業って元々みなし残業で残業代ないから、結局自己都合やねんけどw

    ※ちなみに午前9時50分現在、まだ投票には行ってません。
    予定では15時前後やな〜

    No title

    まあ好きな政党、候補者なんて突き詰めていけば最終的には個人の腑に落ちるかどうかですからね、「腑」って結局は自分で考えた事によって作られるのは重々分かっているので、特にシンさんのような極めてロジカルな方を説得しようなんて思っていないんですが。

    それでもね、やっぱりオレも面白くないんです。笑
    今の経済政策って国力云々じゃなく、ごく一部のお金持ちを短期的に優遇する為に行われているようにしか思えないんですよね。竹中平蔵の如きが首相のブレーンやっているのが象徴しているように思えます。人材派遣なんてちょっと前までヤクザのシノギでしたからね。

    これ根拠ない、もしかしたらオレのただの妄想なのかもしれないけど、あいつらいよいよ日本がやばくなったらさっさと日本離れてドバイあたりで悠々自適ですよ、蓄えた財に物を言わせてね。そんな連中に天下国家語って欲しくないという思いはありますよやっぱり。トリクルダウンなんて大嘘ですからね。
    で、現政権ってやっぱりそういう人たちの方向しか向いてないようにオレには思えるんですよね。面白くないんです。それがオレの腑なんだってだけのはなしなんですがね。笑


    ちなみに時給1500円で週5日8時間労働すると、年収はちょうど300万円です。額面で。

    Re: No title

    ゼロさん、コメントありがとうございます。
    そうそう。
    そこはやっぱり個人の主張に最も近くて、どんだけ腑に落ちるかって事なんやと思いますわ。
    投票する相手なんて全く自分と同じ意見なんてあり得ないわけやし。
    こういう意見を一方を全否定したりしないで冷静にやるのが議論ってもんやと思うんですよね。
    いろんな考え方があって当然やもん。

    私自身も政治が貧乏人の方向いてるとは思えないって点では同じですわ。
    あとへーぞーがアホやって点もw
    政治の役割ってのは富の再分配やからね、突き詰めると。
    その為には富を増大せなあかん→よし!資本家を優遇しよう!→その為には貧乏人から搾り取ろう!では本末転倒やんけとは思う事多いですわ。
    だから所得税の累進強化(ってか元に戻すだけやけどね)の考えについては共産党に賛成、とかね。

    各論でいけば全部一致はしないんですよ。
    でも大枠で考えると自民かなーって感じ。

    それも結局、経済拡大がそのまま末端までちゃんと降りてくるやろーって不確かな事からやったり、取り敢えず国としての形(日本の場合は一回占領されてちょい特殊なとこが多いから)を整えるにはいいんかな?みたいな大きすぎかつ今現在全然できてない事が根拠になってるんやからね。

    ほんま、考え出すときりないですわ。

    あと年収300万、そうなるでしょ?
    て事は私のレベルやと下は上がってくるのに私は上がらん。

    下の上やと思ってたら下の中とか下の下が上がってくるだけやもん。
    でみんなで改めて最下層になると。
    最悪、上中下があった世の中が上下しかなくなる可能性もありますからね。
    それ、逆効果かもしれんでー。

    まぁ貧乏人の給料上がった方が良いって単純に考えたんやろうけどさ。

    自公が勝つでしょうね。

    私は改憲の流れになると思います。
    尖閣辺りで動きがあるかもしれません。

    若者は、自民党の改憲草案を読んでよく考えた方がいいですよ。
    これから正社員はどんどん減らされるでしょうし、自分の身に色々降りかかってきますから。

    Re:

    貧乏ちゃんさん、コメントありがとうございます。
    まぁどこを勝ち負けのラインとするかによりますが、相対的に自公の勝ちは間違いないでしょうね。

    それだけ今回の野党の主張は弱い。

    憲法についてはあくまで発議ができる(可能性がある)ってだけですからね。
    そこから草案を勉強しても遅くないし、発議自体を絶対にさせてはいけないってのは論理的に破綻してますからね。

    本当は主張の軸にすべき内容が与野党逆やもん。
    野党こそ今回は憲法論議じゃないとこに論点や主張を持って行かなあかんかったし、与党は今回に関しては『議席の3分の2を取るか取らないか』がいちばん重要やと思うんですけどね。

    そう考えるとどっちも弱いんやけどね。

    No title

    シンさんおはようございます(2度目)

    35までは棄権したことなかったのですが
    離婚してバイトしたり投票所がやや遠かったり
    面倒になってしまってからほぼ棄権してます(^_^;)
    選挙結果も今朝会社に来てパソコンで見ましたくらいw

    東日本大震災の被災3県は自民負けましたね。
    フクシマは昔選挙活動のお手伝いしたことのある方が
    当選したのでホッとしましたけど。

    Re: No title

    ゆ。さん、コメントありがとうございます。
    結局、被災地みたいに今まで自民が得意とした土建事業の集中投資が必要な地区で負けるあたりが今の与野党の限界を示してると思いますわ。

    ホンマなら東北三県なんか圧勝じゃないとあかんのですよ。
    でも小さな政府を目指すのか大きな政府を目指すのかってとこが小泉の時とか民主に政権を取られた時にあやふやになったからこういう結果になると思うんですよね。

    自民みたいな保守が中途半端にリベラルになったらあかんのですよ。
    選びにくいしさw
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん