ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 勝負師を気取ってたはずやのにな…

    勝負師を気取ってたはずやのにな…


    私の愛読ブログの一つ、『世界の終わりをもう一度、、、3回目の『借金360万』』が更新されてた。

    3回も同じ理由で同じ額を借金するなんてどうかしてるぜ!って思うんやけど、なんとなくこのブログが好きで毎週楽しみに見ています(実際、最近はマガジンの連載くらいのペースでしか更新されない)。

    今日のお話は『会社がヤバイのでいろいろと気になって疲れる』。

    私も2年半前、会社の経営行き詰まりと吸収により今の会社に来たので気持ちはわかる。

    この共感力がナツジ先生の持ち味。

    『あーわかるわかる』ってネタと『なにぬかしとんねん、こいつ』ってネタ、さらに『無理して更新せんでええで~』ってネタが相まって『世界のナツジ』はできてるからね。

    まぁ冗談はともかく、40前後の借金持ちや貯金ゼロの貧乏低所得にとって『会社がヤバい』とか『自分の立場がヤバイ』とかで職がなくなる恐怖って共通してる。

    もうこの歳になるとおいそれと職はない。

    いや職がないってのは贅沢で、実はあるにはあるんだが、現在の生活そのままに維持できる職ってのは少ない。

    普通に転職活動をした場合ね。

    『自分には能力がある』とか『自分には経験がある』と思っているサラリーマンの方々、一度思い切ってやめてみればわかる。

    その『能力』や『経験』が思ってる程の価値を持たない事を。

    いざ、本当に職の危機に陥った時に冷静に考えるとその可能性に気付く。

    そしてそれは可能性ではなく必然性やと職を失った時に気付く。

    まぁ8割がたそうやと思う。

    雇われの人間の能力、経験なんてその程度。
    それも伸びしろのない40代になるとなおさらですわ。

    でもそれに気付いても必要以上に怯えない人もいる。

    『最悪、勝負かけて独立してもええしな!』って人ね。

    これがね、選択肢から消えんのよ。
    借金まみれの貧乏やと。
    さらに守るものがある場合はなおさらね。

    起業準備するにも、儲からん時代を乗り切るにも金がいるからね。

    貯金なくてもええけど、最低限金を借りれなければなんともならん。

    自分が苦労する分にはええにしても家族を飢えさせる訳にはいかんと考えた時に、資金的なバックボーンがないとなんも出来んからね。

    実際に貯金や与信枠があって独立したとこで成功するかどうかはまた別の話。
    人には能力や向き不向きがあるから。

    でもリスクを犯せないから雇われの選択肢しかないのと一か八か勝負に出れるのとは全然違う。

    私達のようなギャンブルで返せないほどの借金を負った人間は一度は月給なんて軽く超えるくらい勝った経験があるもんです。
    そんな時は勝負師を気取り、賭場を渡り歩き、数万、数十万の負けにも悪びれず肩で風切って歩いてるもんですわ。

    でも実際はこの顛末。

    人生を賭けた本当の勝負に出れない。

    でもそれは必然なんよ。
    それは結局、貯金の有る無し、借金の有る無しじゃないかもしれない。
    前の話と逆説的になるけど。

    実は本当の勝負に出れないから小さい勝負に逃げ、勝つ事で自己実現をしてきたんやから。

    本当に大勝負を打てる本当の勝負師にはなれない性格なんよね。
    気が小さいんですわ。

    特にこの傾向はひと勝負の小さいパチンコ・パチスロが好きな人間に強いと思う。

    私、競馬一点勝負に10万賭けれないもん。
    スロットで1日10万負けれるのに。

    歳をとればとるほど臆病になってる自分に気付くんですわ。
    で、それが自分のどういうところから出ていて、さらにそれが全てに繋がってる事にもね。

    ほんま、勝負かけれる金と根性が欲しいですわ。

    男の甲斐性ってのは詰まるところそれなんかもね。

    新ブログも不定期更新中です!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓





    コメントの投稿

    Secret

    No title

    これはまた奥深いお話しですね。

    勝負事に強い人間というのは、当然通常の人生のレールからは外れるんですが、要所要所での選択は不思議と間違えない。
    そんな感覚を持ち合わせているような気がします。

    ほんと歳をとるとダメですね。
    この前自分の賭けてる額見て、情けなくなりましたよw

    でもシンさんはひと勝負かけるでしょ?
    このまま終わるわけにはいかんでしょ。

    さいきん

    おはよ。
    久々に来たら…。
    コレ系の記事、増えたね。
    人は、年々気弱になっていくんやね。

    せめて、画像はてっちゃんの方が良かったよ(笑)。

    Re: No title

    賭ける魂さん、コメントありがとうございます。
    大事な選択を間違わんからこそ勝負ごとに強いとも言えますからね。
    表裏一体ですね。

    確かにねー。
    このまま終わるにはつまらんよね。
    今は勝負を打てるようになる準備期間と考えんとね。
    それには何が必要なのかを自問自答する毎日ですわ。

    Re: さいきん

    ナオさん、コメントありがとうございます。
    そうですねー。
    まぁ弱気になってるってより、いろいろ具体的に考えるようになってるって感じなんですよね。
    自己分析したり、妄想を具体化してみたりってのを繰り返して無駄なもんとかあかんもんとかをそぎ落として言ってる過程って感じ。
    ええようにいうたらね。

    まぁ何とかなるわ~と思うしかなかったときは過ぎたんでしょうね。
    何とかなってるからこそもう一歩っと考えると今のままじゃあかんって答えに行くんやと思いますわ。
    とうぜん『あかん』わけやから省みて弱気に見える文章になるんかも。

    まぁ私はもともと心は弱いからね。
    心の弱さを体の強さで補ってきたから、体が弱っていくって部分では年々弱気になっていくかもしれんけど。
    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん