ブラック、自己破産からのキャッシング,

    自己破産を経て現在も懲りずに借金がある自分の経験からブラック対応の業者さんの紹介や返済状況、役立つ情報などを書いていきます。ブラック対応の業者さんを探されてる方はカテゴリーの各業者さん名より記事に飛んでください。また借入の金額、属性などを参考にしたい方は各月の借入先まとめ記事を参考にしてください。

    Top > ギャンブル > 依存症一歩手前の私の精神状態を抜ける3つの鉄則

    依存症一歩手前の私の精神状態を抜ける3つの鉄則


    あえて『の』重ねの違和感、そして具体的な数字を出しゃ人は気になる。

    某グループ参照タイトル、定期的につけてるなぁw

    まぁ私はタイトル命のランキング住人ではないし、こんなもんはクソの役にも立たんけどね。

    ここからが本題です笑。

    私は依存症なんて意志の力だけじゃどうしようもないと思っている。

    なので『自分の強い意志』だけでギャンブルを断ち、1日1日とただ数える禁パチなんてのは面白チャレンジやと度々書いてます。

    なんぼ批判されようとそう思ってるからね。

    意志に頼らないなんらかの具体的対策がない限り、本当に依存症に陥ってる人が克服する事はほとんど不可能。
    まさしく『病気』なんやから、気合いで癌が治らないのと同じ理屈です。

    しかし、『依存症に陥る』となると話は違う。

    これについても批判はあるかもしれませんが、私は依存症に陥る人は大なり小なり意志が弱いんやと思ってる。
    そしてだからこそ前述のような手法の禁パチと称されるチャレンジを面白チャレンジやと思う。
    なにしろ意志が弱い人が陥った病気を『自分の強い意志』だけで克服しようとするんやから。

    もちろん、私自身も意志は強いとは言えない。

    なぜなら『もうこれ以上ダメだよ』っていう線を何度も超えてきた結果が依存症やと思うから。

    アル中だってそう。

    ギャンブル依存だってそう。

    それこそ、ネット依存もセックス依存も。

    それを経験した人が全て依存になるわけじゃない。

    しかし嗜好性の強いこれらの行為、やってる最中は理性が効きにくくなる。

    それでも普通の人はある程度のところでストップをかける。

    酒なら酩酊しそうになれば飲むのをやめるし、ギャンブルならATMで借金してまではしない。

    ネットだって1日中パソコンに張り付いてる人ばかりじゃない、セックスだって相手構わずはやらない。

    でも、みんな理性でストップしているだけで本当はしたい。

    それができない意志の弱い人間が依存症になるんやと思う。

    最初から依存な訳じゃないんやから、『依存症だから借金してまでギャンブルした』とか『アル中だから最初に飲んだ時から酩酊するまで飲んでた』とかじゃなくて、そういう行動を繰り返したからそれが当たり前になり依存症になったってのが正解やと思う。

    だからまだ依存には至ってなくても、快楽に抗う意志が弱いなと感じてる人には対策を講じてほしい。

    私は今、奇妙な別居生活のおかげで酒量がドンドン増えそうな危機に陥ってる。

    当然、ギャンブル依存にも陥った意志の弱い人間、飲める状況があればドンドン飲んでしまう。

    が、逆に言うと飲める状況がなければ飲まない。

    まだアル中じゃないから。

    私は今、元の家で晩飯を食い晩酌をする。

    そして寝床にしているワンルームに帰るのですが、ここに酒があれば寂しいのでさらに飲んでしまう。

    そして飲むと酔ってきて理性のハードルが下がる為、さらにドンドン飲んでしまう。
    なにしろ意志が弱いから。

    元々のハードルも低いし下がったハードルも低いんですね。

    しかし、酒がなければ飲まない。

    なぜなら『酒を買いに行く』と言う能動的行動を取るのがめんどくさいから。

    自分の目的の為に行動を起こす意志が弱いんですわ。

    普通の人は買いに行くのがめんどくさいから飲まないんじゃなくて、ある程度の段階でやめとかないといけないから飲まない。

    つまり能動的に飲まない。

    しかし私は受動的に飲まない。

    でも結果は同じ。

    自分の弱さをわかっていれば依存症に陥る前にストップをかける方法はあるわけですわ。

    例えば今現在、仕事帰りのパチンコがやめられず『このままやと依存症になって借金まみれかもな~。ヤバイなぁ』って人はパチンコを止めようとするんじゃなく、帰り道に行かずに一旦家に帰ってみてください。

    『一度帰ってまた来ればいいか』って考えながら。

    でもきっと一回帰るとめんどくさいから行かない。

    家族持ちなら嫁さんに嘘や言い訳を言うて出てくるのがめんどくさいとかね。

    『そろそろ辞めやんとヤバイけど辞められへんなぁ』って考える人は間違いなく意志が弱い。

    そこを自覚してちょっとワンクッション置いてみたら意外と簡単に依存対象から離れられるかもしれません。

    それでも離れられない人はすでに依存症の可能性がありますけどね。

    でもそう言う人も一度考えてください。

    他の事ならめんどくさくてしないのかどうかを。

    例えば家でふと『肉まん食べたい』となってもめんどくさくてコンビニには行かないのに、『パチンコしたい』となったら居てもたってもいられなくて行ってしまうっていうような人はヤバイ。

    何項目もの診断で『あなたは依存症の可能性があります』なんてヤツよりも信頼度高いと思うよ。

    まずは『辞めよう』なんていきなりハードルの高いことは考えなくてもいい。

    『後でしよう』でいいねん。

    その一拍が依存症を遠ざける事にもなるし、自分の現状を知る事にもなるんちゃうかなぁ。



    あ、ゴメン。
    『3つ』っての完全に忘れてたわ。
    タイトル詐欺やなw

    新ブログ仕事中に更新しました!☟
    ブラック、自己破産からのキャッシング WP

    その他の愉快かつ役立つ借金ブログはこちらから↓





    コメントの投稿

    Secret

    スポンサーリンク

    プロフィール

    シン

    Author:シン
    平成18年12月に破産免責。
    現在 110万借入。
    自分の体験が参考になればとブログ開始しました。


    債務・借金 ブログランキングへ

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カウンタ
    検索フォーム
    スポンサーリンク
    リンク
    メールフォーム
    ※相互リンク、募集しています。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お勧め業者さん